化粧品企画開発者のためのコミュニティサイト

株式会社成和化成
(株)成和化成は、主に化粧品などに利用される成分を自社開発し、製造を行う「研究開発型化学メーカー」です。老舗メーカーとして広く知られる㈱成和化成の研究史は、1960年代に、加水分解コラーゲン(コラーゲンペプチド)を化粧品原料として開発したことから始まりました。その後、化学修飾法によるペプチドの誘導体化やペプチドとシリコーンとのハイブリッド化、イオン性成分とのイオンコンプレックス化などといったペプチド応用技術の開発とともに、めまぐるしい進化と発展を遂げてきました。

2000年代からは、新たな研究分野である生化学的機能を持った成分の開発を目指して、アミノ酸誘導体やビタミンC誘導体の開発に着手し、これまでにユニークな特徴を持つ機能性成分を生み出してきました。このように、(株)成和化成は現状に満足することなく、より「高品質・高機能・独創的」な新規化粧品原料の開発を目指して日々研究を続けています。
<123
原料会社
もっとみる